着物は蚕の繭からとった糸(たんぱく質から出来た動物性の繊維)で織られています。

絹の特性を踏まえて大切に扱うことで、いつまでもより美しく

お召しになる事が出来ます。

 

 

 着る前、着ている時、脱ぐ時など、手は常に洗って綺麗にしておきましょう。
手の汚れは意外と着物の汚れの原因になります。
シミを付けてしまったら、タオルやハンカチ等でこすらない様に汚れを吸い取らせ、

それ以上広げないようにします。

   水で洗い流したり、おしぼりを使うのは厳禁です。着終わったら早めにお手入れにお出し下さい。

脱いだ後は和装ハンガーに掛け、直射日光の当たらない風通しの良い部屋に干し、

湿気を抜きます。(半日〜一日程度)

着物ハンガーはWEBショップで販売しております。

 

干す時にストーブやアイロンなどの熱のある物の近くで干すのは絹の変質、

劣化の原因になるので気をつけましょう。又、アイロンでのシワ伸ばしも避けて下さい。

お召しになった着物のシーズンが終わったら、一度だけの着用でも必ず

お手入れに出しましょう。(気がつかない部分が汚れていたりします。)

また、襦袢のお手入れも忘れずに。(着物以上に汗や皮脂を吸っています。)

10〜5月   単衣 6月と9月   薄物、浴衣 7、8月

 

〜お手入れの後は〜

きものをたとう紙に入れ、タンスに仕舞います。防虫剤、防湿剤も入れておきましょう。

○天然原料使用 いしかわや特製 聖香  

奥ゆかしい香りで着物の保管に最適です。WEBショップで販売しております。

○高級和紙使用  いしかわやオリジナルたとう紙  

着尺サイズ、帯尺サイズ お問いあわせ下さい。

 

〜ここからが一番大切〜

タンスにこもる湿気は着物の一番の大敵です。どんなに綺麗にお手入れをした後でも

そのまま仕舞いきりにしていると、その湿気が原因で、カビ、絹の変色、変質を引き起こします。

(絹はデリケートな動物性たんぱく質の繊維です、忘れずに!)

一番の予防は半年に一度の着物、帯の虫干しです。

よく晴れた湿気の少ない日に(5月と10月が一般的)

日光の当たらない風の通る部屋に干して、着物に新鮮な空気を当てます。

虫干しが出来なくても、たまにタンスから出し、

たとう紙を開けて着物に風を当てるだけでも十分効果的です。

時には機会がある毎に着用しましょう。

いつまでもきれいに、これからの世代に受け継いでいくためにも、ほんの少し着物に気に掛けて下さい。

 

きもの専門店 いしかわや

tel  0250-58-6346

e-mail  

 

 

お手入れに戻る

 

 

 

 

 

着物と共に文化を発信する

新潟県五泉市村松甲1888−1

0250−58−6346

メールはこちらから 目安箱

奥座敷

きもの

お茶会

年間情報

店舗案内

webショップ

メモリー

リンク集

JolieMaman

 

〜いつまでも美しくお召しいただくための心得〜